参加一覧

  • 参加者数342
  • 作品数411作品
  • 作者チェック0
  • ブクマ登録数0
  • 読了登録数0
検索設定を表示

おばあさんの嘘

 メイジーは、おばあさんにもらった赤いずきんがお気に入りでした。でもお気に入りの赤いずきんをかぶって、おばあさんのところに遊びに行くのは、怖くてできませんでした。自身がまるで赤ずきんちゃんになってしまったかのような夢を見たからです。
 不安になったメイジーは、おばあさんに手紙を送りました。狼がおばあさんになりすましてやしないか尋ねます。おばあさんがもうすでに狼に食べられていたときのために、赤ずきんちゃんの話で、狼の最期がどれだけ悲惨であったかも書きました。すみやかにおばあさんを吐き出してもらえるようにです。
 おばあさんは、不安がる孫のために、自身の子供の頃の話を返事に載せました。貧しい暮らしの中、マッチを売っていた頃の話です。そしてメイジーが安心して遊びに来られるよう、秋口にストーブを焚いていた“本当”の理由を書いたのです。

  • if設定 もし、マッチ売りの少女が現代の記憶を持った転生者だったら?
  • 作品提出ID455
  • 種別 連載(全2部)
  • 文字数 3,768文字
  • 作品応援20

一行でわかるあらすじ:もしも、マッチ売りの少女の舞台が播州公書記が辿る未来の中の出来事だったら(≒異世界ではない)

取扱説明書
作者は「マッチ売りの少女」のあらすじですら説明がおぼつきません。どれくらい知らないのかというと、「異世界転生ということはファンタジー世界なのか?」←このレベルです
その上、TS入ってます。なろう系TSの王道とも言える異世界(異世界じゃないけど)幼女転生というやつです。

・・・それでもいい、という方のみお入りください。(いないだろうなあ・・・)

運営さん江
・・・異世界転生ワード、入れた方がいいですかね?入れなくても大丈夫ですよね?一応、異世界ではありませんし。

  • if設定 もし、マッチ売りの少女が現代の記憶を持った転生者だったら?
  • キーワード
    • 異世界じゃないよ
    • 童話要素は薄め
    • TS
    • 西洋
    • 未来
    • ある作品のスピンオフ
    • という名目で書いた
    • マッチ売りの少女
    • ・・・のイフ展開
  • 作品提出ID454
  • 種別 連載(全9部)
  • 文字数 10,513文字
  • 作品応援0

コードネーム「マッチ売りの少女」が、エージェントと出会うまで~タイムリミットは一晩⁈~

原作開始後になってようやく転生者である事に気づいてしまった、最早詰んでしまっている状況のマッチ売りの少女の話。

  • if設定 もし、マッチ売りの少女が現代の記憶を持った転生者だったら?
  • キーワード
    • R15
    • 残酷な描写あり
    • 異世界転生
    • 二次創作
    • エージェント
    • 協会
    • 童話
    • ifマッチ売りの少女
  • 作品提出ID453
  • 種別 短編
  • 文字数 3,107文字
  • 作品応援0

さよならマッチ売り。マッチは売ってないけども。

私はリズ コルベット。
町でマッチを売るように父親に言われています。
けどこんなもの売れるわけないわ。
私は一応は商品のマッチを擦る。
そしてその炎を見ていると、ひとりの背筋の伸びたお爺さんが脳裏に浮かんできて……

  • if設定 もし、マッチ売りの少女が現代の記憶を持った転生者だったら?
  • キーワード
    • 日常
    • ほのぼの
    • 女主人公
    • 西洋
    • 中世
  • 作品提出ID452
  • 種別 短編
  • 文字数 3,694文字
  • 作品応援5

マッチ売りの少女転生~心にマッチの灯火を~

小学二年生の万健木 強子《まけんき きょうこ》ちゃんは、目覚めるとマッチ売りの少女になっていた!
名前からは想像もできないほど負けん気の強い強子ちゃんは、胸の奥で凍えるマッチ売りの少女の代わりに命の炎を燃やしだす。

「絶対に幸せになってやるんだから!」

  • if設定 もし、マッチ売りの少女が現代の記憶を持った転生者だったら?
  • キーワード
    • 異世界転生
    • 二次創作
    • マッチ売りの少女
    • 童話
    • 心に火をつける
    • 友情
    • 小学二年生
    • 負けん気で能力が凄い
    • 魔法
    • ネット小説大賞六感想
  • 作品提出ID451
  • 種別 連載(全11部)
  • 文字数 28,880文字
  • 作品応援7

おとぎ話が知らない話~姫様、とかけまして~

回転ラックに二冊の絵本がありました。
たまたま、出会った素敵な二人に見えますが、さてさて。

スレ気味の姫さまが、幸の薄い少女と交差します。

  • if設定 もし、マッチ売りの少女が現代の記憶を持った転生者だったら?
  • キーワード
    • マッチ売りの少女
    • かぐや姫
  • 作品提出ID450
  • 種別 短編
  • 文字数 10,001文字
  • 作品応援1

赤ずきんが男の子で○○だったら……

家に向かう途中の分かれ道で出会ったオオカミ。オオカミは赤ずきんを花畑へと向かうように仕向け、先に家にたどり着いたオオカミは赤ずきんを待ち構えます。
赤ずきんは一体どうなってしまうのか、そしてオオカミの運命もいかに!!



タイトル通り、赤ずきんが男の子で○○だったらを書きました。
○○の部分はなんの事なのかは見てのお楽しみです。

書いていく中で結構いろんな設定を取り入れてしまった感がありますが楽しんでいただけたら幸いです。

  • キーワード
    • R15
    • 赤ずきん
    • は男の子
  • 作品提出ID448
  • 種別 短編
  • 文字数 5,327文字
  • 作品応援1

ポプラ

マッチ売りの少女を、オマージュしただけで良いかな。
通貨単位は、カンで書いていますので、ご了承いただけると幸いです。

  • if設定 もし、マッチ売りの少女が現代の記憶を持った転生者だったら?
  • キーワード
    • 日常
    • 青春
  • 作品提出ID447
  • 種別 連載(全2部)
  • 文字数 15,078文字
  • 作品応援10

マッチ売りの少女の はんそく作戦

気づけば俺は、あの童話の・・・・マッチ売りの少女 に成っていた。
しかも、今日は運命の夜だった・・・・。

  • if設定 もし、マッチ売りの少女が現代の記憶を持った転生者だったら?
  • キーワード
    • 異世界転生
    • マッチ売りの少女
    • 少女
  • 作品提出ID446
  • 種別 短編
  • 文字数 4,851文字
  • 作品応援11

白雪姫の供養

「白雪姫が、死んじゃった……」
雪降る夜の森に、誰も知らない事件が起こりました。

深い悲しみに沈むお城が舞台で、白雪姫の継母にあたる王妃が主人公です。

  • if設定 もし、白雪姫がりんごを嫌いだったら?
  • キーワード
    • R15
    • if白雪姫
    • 悪女
    • 焼けた鉄の靴回避
  • 作品提出ID445
  • 種別 短編
  • 文字数 4,811文字
  • 作品応援26

雪に塗れた狂気

西欧に位置する、とある雪国。
そこには白雪姫という名の、誰からも愛される女の子がいました。

でも、その本性。気づいていたのはただ一人。



__________もし白雪姫が魔性の子だったら。

「小説家になろう 冬の童話祭」に参加しています。ID444です。応援よろしくお願いします。

  • if設定 もし、白雪姫がりんごを嫌いだったら?
  • キーワード
    • 残酷な描写あり
    • 怪談
    • 白雪姫
    • 女主人公
    • 暗殺
    • if
  • 作品提出ID444
  • 種別 連載(全7部)
  • 文字数 26,233文字
  • 作品応援41

桃太郎尋問

人間やればできるよ。やっちまったよ。セリフのみの作品です。

  • if設定 もし、桃太郎のおばあさんがきび団子のレシピを知らなかったら?
  • キーワード
    • R15
    • 残酷な描写あり
    • 伝奇
    • ミステリー
    • サスペンス
    • サイコホラー
    • 桃太郎
  • 作品提出ID443
  • 種別 短編
  • 文字数 7,188文字
  • 作品応援7

二種類のきびだんご

桃太郎から「きびだんご」を作って欲しいと頼まれたお婆さん。
庄屋様から教えてもらい、市場に行くと……?

ちょっと方言ネタ混じってますが、どうぞ。

  • if設定 もし、桃太郎のおばあさんがきび団子のレシピを知らなかったら?
  • キーワード
    • きびだんご
    • 鬼の目に涙
    • ハッピーエンド
  • 作品提出ID442
  • 種別 短編
  • 文字数 3,061文字
  • 作品応援13

僕がウサギカフェに通うわけ

住宅街の空き地でモフモフの白ウサギを見つけた。そいつは「ある風景」を見るために白い紙で何かを作っているという。作業を手伝うことになった僕が見たものは……。
不思議で切ないハートフルストーリー。

  • キーワード
    • 日常
    • ウサギ
    • モフモフ
    • 不思議
    • 風景
    • 夕日
    • 切ない
  • 作品提出ID441
  • 種別 短編
  • 文字数 3,923文字
  • 作品応援24

いやだといえなくて

優しく臆病な性格故に、自分の嫌な気持ちを言えない白雪姫のお話。

——あなたは、自分の嫌なことは嫌と言えますか?

  • if設定 もし、白雪姫がりんごを嫌いだったら?
  • キーワード
    • ハッピーエンド
    • 女主人公
    • 恋愛?
  • 作品提出ID440
  • 種別 短編
  • 文字数 11,351文字
  • 作品応援2
PageTop